読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェコ留学日記 (医師編)

チェコへ臨床医として留学してみた日記

Matera(マテーラ)

晴れ

  今日はバーリから行ける三つの世界遺産のうちの一つ、マテーラへ。ここは洞窟を掘ってそのまま住居にしていることで有名なのだが、I夫妻がいないと何も調べてない自分は厳しい。まずは適当に駅で行き方を聞いてみると今日は日曜日なので電車はなくバスで行くと言われ、4.9ユーロの切符を買って中央駅の反対側の誰もいないバス停で待ってしばらくすると行列ができはじめ、マテーラ、マテーラと後ろで会話している声が聞こえ始めたので多分正解だろうと一安心。

f:id:KenYam:20160406184944j:plain

切符買わずに乗っている人もいたが、途中の駅でバス停近くの売店で買うように促されたのか、降りて買っている人が数人いた。

 1.5時間くらい乗っていると到着して、自分は人の流れについて行く予定。ただ、バスを降りた30人位も足取りが重そう。どちらの方角が世界遺産なのか知っている人がかなり少ないみたいだ。徐々に皆がスマホなどで調べ初めて動き始めると金魚の糞のように皆ついていく。山をくりぬいた住居以外見所がなんなのかも良くわからないので、とりあえず広場。

f:id:KenYam:20160406115229j:plain

着いたときにはどんな風に世界遺産があるのかわからなかったので、ここら辺かと思っていると、ここは新市街だった。歩くこと2分、突然こんな周りを囲まれた、いかにもな住居の集まり。

f:id:KenYam:20160406115228j:plain

いきなりなので、これが噂の洞窟住居かと思い大興奮。

f:id:KenYam:20160406115231j:plain

f:id:KenYam:20160406115230j:plain

人通りが少ないので入っちゃいけない地域なのかと思っていたら、車も通っているので突き進む。

f:id:KenYam:20160406115232j:plain

f:id:KenYam:20160406115233j:plain

ひたすら練り歩く。

f:id:KenYam:20160406115234j:plain

f:id:KenYam:20160406115235j:plain

さらに歩く。

f:id:KenYam:20160406115236j:plain

昨日のアルベロベッロが曇っていたからか、晴れているといっそうよく見える。

f:id:KenYam:20160410012841j:plain

1.5時間くらい路地をくまなく歩いて大体見終わったと思い、満足して最後は高台にあるDuomoの方に登る。

f:id:KenYam:20160406194855j:plain

そこからの眺めも最高。

f:id:KenYam:20160406115238j:plain

意味があるのか知らないが、太陽がDuomoの方角にアッカンベーしている。

f:id:KenYam:20160406115239j:plain

これでおしまいかな、と思いながら、更に道を抜けていって見るとまだまだ終わらずこんな景色が目に飛び込んできた。

f:id:KenYam:20160406200049j:plain

 確かに洞窟住居!ここからが今日の本番だった。Gravina(グラヴィーナ)峡谷を下り、対側の山を登っている人が結構いる。向こうにもなにやら洞穴がかなりある。

f:id:KenYam:20160406200610j:plain

さすがにそこまでは時間的制限もあるのでこの時点でやる気がないので。同側の道をくまなく歩く。f:id:KenYam:20160406200234j:plain

一面絶景。

f:id:KenYam:20160406210126j:plain

なんか対側の山を見ているとウズウズしてきて、結局行くことに。

f:id:KenYam:20160406210351j:plain

短いながらも吊り橋を渡りつつ

f:id:KenYam:20160406210646j:plain

ちょっと反対側を見てみる。まだ迫力がない。

f:id:KenYam:20160406210932j:plain

かなり登り、同じ高さに到達すると、迫力が増してくる。ちなみに、断崖絶壁。

f:id:KenYam:20160406211603j:plain

ちょっとアップ。

f:id:KenYam:20160406214854j:plain

反対側から見た洞窟住居

f:id:KenYam:20160410020306j:plain

周りを歩いてみると、反対側から見えていた洞窟は宗教系のモノらしく、誰かのフレスコ画。これはMadonna delle tre porte。写真が斜めなのではなく、洞窟の天井が斜め。

f:id:KenYam:20160406212647j:plain

1時間くらい同じ場所をウロウロして、都内にいたら完全に不審者。

 だいぶ見たので元いた方に戻る。その道中で一本だけ梅か何かの木が。皆写真撮っているので、自分も。

f:id:KenYam:20160406234200j:plain

 その道中で小型三脚立てて自撮りしていたら、ロンドン在住のNさんが写真撮りましょうか?と英語で聞いてくる。実は行きのバスでも一緒で何となく日本人だろうなと思ってみていたのだが、日本人以外使っているのをみたことがないリコー社製の全天球撮影可能なシータを使っているのをみていたので日本人だと確信していた。そこで、日本語で日本人ですよね、と聞くと「そうです」と。なんと驚きの昨日自分やI夫妻と同じくアルベロベッロにいたのだとか。反対側へは片道30分あれば十分で普通なら1.5時間見ておけば行けるが、色々と他の観光地情報や自分にとって異業種の情報を聞きながらあっという間に着いた。偶然泊まっているホテルも同じだった。

 その後バスで又会いましょうと言いながら分かれて、再び観光。良い具合の丘っぷり。 

f:id:KenYam:20160410013049j:plain

 一度旧市街まで戻り反対側から見て気になったParco del Castello(カステッロ公園)へ。現在改修中につき、近寄ることは出来ない。

f:id:KenYam:20160407033002j:plain

Chiesa di San Francesco d'Assisiも立派。

f:id:KenYam:20160410013425j:plain

また歩き

f:id:KenYam:20160410020918j:plain

やっとSaissi=洞窟住宅へ。

f:id:KenYam:20160410014848j:plain

中を覗くとこんな感じ。

f:id:KenYam:20160410015123j:plain

1950~60年代まで人が住んでいたが、衛生環境などの維持が困難と言うことで住民は強制移住。その後に環境産業で使えると言うことで、現在は人が戻ってきている。2015年は欧州文化都市だった自分が住んでいるチェコのPlzenに続いて、

2018年は昨年夏訪れたマルタはValetta

そして2019年にはここがなるらしい。良い観光地セレクトしているのかな。

f:id:KenYam:20160410033814j:plain

 再度Duomoまで行き影が長くなってくる。

f:id:KenYam:20160410034924j:plain

そこで強烈な西日を浴びて

f:id:KenYam:20160410021504j:plain

本当はマジックアワーのマテーラも見たかったが18:40分頃にバスが出発してしまうので後ろ髪引かれる思いで帰る。

f:id:KenYam:20160410021951j:plain

Duomoを最後に見てばいばい。

f:id:KenYam:20160410023628j:plain

バス停までの道中にあるここで朝食兼昼食のジェラート一個+エスプレッソを。

f:id:KenYam:20160410025723j:plain

どこから来たの?と店員に聞かれたので日本と答えると、この彼の将来の夢は日本に住んで何かすること、らしい。

f:id:KenYam:20160410030016j:plain

 漫画の影響で日本が好きになったそうな。ドラゴンボールにNaruto、根強い人気。HATSUDO!と言っていた。Narutoは世代的に殆ど読んだことないが話を出来るくらいには大まかな内容だけ知っておいて良かった。

 Nさんとバス停で再会。ロンドンの話などを伺いながら復路も定刻通りに到着。自分はホテル到着後に再度街へ繰り出してどんな感じかを見ることに。

 海岸沿いの道はかなり人通りも多く

f:id:KenYam:20160410032052j:plain

レストランも繁盛している。

f:id:KenYam:20160410032534j:plain

Basilica San Nicolaの前を通り

f:id:KenYam:20160410033246j:plain

旧市街のメインと思われるCattedrale di San Sabinoの前はこの時間は人が少ない。

f:id:KenYam:20160410032314j:plain

昨夜I夫妻と一緒に街を歩いていたらナポリと違って危険な所はなさそうだったので安心して歩くが、11時近くなってきたので機動隊みたいな機関銃持った人が守っているBari大学の前を通り

f:id:KenYam:20160410033400j:plain

これまた機関銃持っている人がいるバーリ駅をくぐって

f:id:KenYam:20160410033533j:plain

帰宅。帰宅後にMorettiの珍しそうなのを一本。

f:id:KenYam:20160410033701j:plain

30km位歩いたので疲れた一日。明日は移動でつぶれる予定。

総ビール消費量393.5L